健康保険の任意継続から国保へ切り替えた

会社を退職したら国民健康保険国保)に入るか、それまでの保険を任意継続するか選択できますね。

わたしは任意継続にしてました。

 

ですが、市役所で国保の保険料を試算してもらったら任意継続よりも安かったので、国保に切り替えました。

f:id:tubominote:20150724171201j:plain

 

最初はなんかよくわかんない場合は任意継続でいいかな、と思ってました。後で見直せばいいか、と。

というのも、任意継続から国保に切り替えることはできても、一度国保にしてしまったら任意継続には切り替えることができないから。

 

退職後しばらくは健康保険のことは忘れていたのですが、ある日、もし国保に切り替えたら支払いはいくらくらいになるんだろう、と思って源泉徴収票を持って市役所に行き、保険料を試算してもらったところ任意継続よりも安い!!

国保に切り替えることにしました。

 

その月の保険料を期限までに支払わなければ自動的に任意継続脱退となり、資格喪失通知書(国保に切り替えるときに役所に提出する)が届くとのことだったのですが、なかなかこなかったので自分から協会けんぽの支部に行って保険証を返却し、資格喪失の手続きをしてもらいました。

自分から行かなかったら月末頃に通知書が届くそうですが、早く国保に切り替えたかったので自分から行きました。

保険証がない間に何かあったら困るしね。

 

(このとき、担当の方に「期限までに支払いができなかったので手続きにきました」と伝えたところ、「延滞でも一度までであれば大丈夫ですよ」と言われたのですが、すでに国保に切り替えるつもりでいたので、「いえ、いいです(汗」とお断り申し上げました。)

 

数日後資格喪失通知書が届いたので、それを持って市役所に行き、晴れて国保に切り替えができました。

任意継続より三千円くらい安くなったー!

 

 

協会けんぽの任意継続に特別なこだわりがなければ、一度国保の保険料を試算してもらうことをおすすめします!

協会けんぽでない場合、福利厚生的なものがあるところもあるそうなので、それも含めてトータルでどちらがいいのか一度考えてみるといいかもしれません。

 

わたしは特別なこだわりはなく保険料が安ければそれでよかったので、国保に切り替えました。

 (だがしかし、試算してもらった金額よりも手続き後確定した金額の方が多かったのはなぜ…)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ

広告を非表示にする