財布の中での小銭の分け方

今使ってる財布は小銭を入れるスペースが一つしかないのですが、以前使っていた財布はスペースが二つあったので、小銭を取り出しやすいように小銭の種類で入れるスペースを決めていました。

小銭を取り出す時にうまく取り出せないと、焦っちゃうしストレスになってしまうのです。

小銭

私の分け方。

一つのスペースに500円玉と100円玉。もう一つのスペースにその他の小銭。という風に分けてました。

 

どうしてかというと…

100円玉と50円玉を上から見たときに間違いやすいのでわかりやすくしたい、というのがありました。

間違う確率が一番大きいのが100円玉と50円玉。銀色で同じくらいの大きさだから。

 

500円玉と100円玉を一緒のグループにしました。金額が大きい方から2種類、というのも覚えやすかったので。

 

10円玉と5円玉も若干色味が似ていて間違えやすいといえば間違えやすいのですが、大きい金額のグループに混ぜるのが嫌だったので、分けませんでした。汗

 

6種類ある小銭を二つに分けるだけでもだいぶ選びやすくなるし、間違いやすい100円玉と50円玉の選び間違いが確実になくなるので、長い間この運営でやってきました。

 

 

今使ってる財布もスペース二つだったらなぁ。

一か所から取り出すので、しょっちゅう100円玉と50円玉を間違えます。

そして50円玉が複数枚入ってることも多々あります。

こういうことを避けるために、入れる場所を分けてました。

 

 

●関連記事● 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ

広告を非表示にする