夢の中で、死んだ夢を見た話

今日見た夢は変な感じでした。

 

f:id:tubominote:20150828205121j:plain

 

夢の中で、わたしは死んでました。

夫がわたしの死を悲しんでいます。

 

それを少し上から眺めているのですが、夫に話しかけてもまったく通じません。

悲しまないで、とかわたしの葬式のことはいいからね、とか、一生懸命何度も伝えようとするのですが伝わりません。

 

場面が変わって、わたしは夫に話しかけました。

「死んだ夢を見た」と言いました。

上に書いたのは、夢の中で見ていた夢だったみたいです。(ややこしい!)

 

夫に「死んでしまって、話しかけてるのに全然伝わらなかった」と話してました。

 

そこで目が覚めた。

 

 

死んでしまったら、伝えたいことは何一つ直接伝えることができないんだ、と当たり前なことを考えました。

伝えようとすることすらできないかもしれないけれど、とにもかくにも何も伝えられない。

 

 

絶望しました。

伝えたいことが伝えられないことの辛さがわかりました。

 

 

いつ事故にあって死んでしまうかもわからないし、伝えたいことは伝えられるうちに伝えた方がいいんだなと改めて思いました。

 

 

今日見た夢は、なんだか衝撃的というか、心に残る夢でした。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ

広告を非表示にする