掃除のハードルを低くするために新しく掃除機を導入しました

我が家でのこれまでの床掃除ツールは、掃除機とクイックルワイパーみたいなフローリングモップの2つでした。

 
そこに、最近新しい掃除機が追加されました。
それがこの「ラクティ」です。

f:id:tubominote:20160319101402j:image
 

 

 
なんで新しいのが追加されたかというと…。
 
今までの掃除ツールに不満があったからです!!!
 
 
今ある掃除機はよくある吸い込みのホースがあるようなやつなのですが、重いしコードがあるので扱いづらく、取り出したりしまったりもめんどくさい。
 
それで主に使っていたのはフローリングモップだったのですが、少し大きめのゴミとかになると取りこぼしも目立って、こちらにも少々不満が。
 
 
大人だけならそれでもいいと言えばいいのですが、今後順調にいったら赤ちゃんが生まれてくるので、床はできるだけきれいにしておきたいというわたしの要望に夫に応えてもらったということなのです。
 
 
つわりで家事がろくにできなかったときに何度か夫に掃除をお願いしたことがあったのですが、それで夫も床掃除のめんどくささを認識してくれていたようで、すんなりOKしてくれました。
 
 
最初は、いろんなブログさんで見かけるマキタの掃除機を考えていたのですが、あいにくわたしたちが買いに行ったお店には置いてなくて、似た感じのものとしてラクティが置いてありました。
 
初めて見た商品だったので一度保留にし、調べてみたところ悪くなさそうということで、改めて購入しました。
 
 
ラクティは軽いし重心が下にあって、操作しやすくて格段に掃除がしやすくなりました!
軽いということは本当に大事!!
重いものをキープしなきゃいけなかったら、それも掃除のハードルを上げてしまうし。
(昔買った似たタイプの掃除機がなにげに重くて動かしづらくて、結局掃除の頻度が低いままでした。。。その反省をいかして。)
 
これからは見て見ぬ振りをせずに、気軽に掃除ができそうです。
朝とか帰ってきてからのちょっとした時間に部分的に掃除機をかけたりしてます。
 
 
めんどくささを軽減して、ハードルをさげることで取り組みやすくするっていうのは大事だな~と改めて思いました。
広告を非表示にする