赤ちゃんの肌着準備と最近の心境など

姉から借りた、甥っ子が生まれたときに使っていた肌着なんかを洗濯しました。

f:id:tubominote:20160607105015j:image
 
黄色と青。
 
 
購入したものであれば水通しなんでしょうけど、おさがりなので普通に赤ちゃん用の洗剤で洗濯。
この赤ちゃん用の洗剤も、お姉ちゃんがもう使わないからとくれたものです。
 
他にも授乳クッションやほ乳瓶をレンジで消毒できるものや、あまった母乳パッドなんかも送ってくれました。
 
もう本当にたくさん送ってくれたので、私の方で準備するものもあまりない状態です。
ありがたや~~(ToT)
 
 
ですがわたしたちも初めての我が子なので、着るものは夫と数点選んで購入したいなとも思ってます。
(これはわたしの個人的な希望)
 
ベビーシートとかの大きなものは買わなきゃです。
 
 
 
あとは病院から渡されたバースプランの紙や入院手続き用の紙に記入しなきゃいけないな。
 
正直、バースプランなんて考えたことがなかったので、何を書いていいやら…。
できれば会陰切開はしたくない、とか?
必要であればしょうがないけど…。
 
ネットで調べて参考にしながら書いてます。
 
 
 
今34週目で、じわじわと出産の日がリアルに感じられてきて、楽しみな気持ちと不安な気持ちが半々くらいです。
 
図書館から借りてきた「AERA with Baby」で、毎回最初の方に「生まれた日を忘れない」というコーナーがあります。
 
カメラマンさんが妊娠・出産に密着して、そのときの写真や家族の話などを載せているコーナーです。
f:id:tubominote:20160607105030j:image
 
これを毎号見ていると出産のシーンがより身近に感じられます。
 
お子さんや旦那さんが立ち会う出産の回を見てると、わたしは里帰り出産だし自宅と実家は飛行機の距離だし、出産の時には夫は近くにいられないのでひとりでがんばらなくてはならないなと思うと、少し心細くなったり。
(親がいるので本当にひとりということはないんだけど、夫婦として考えると)
 
とはいえ里帰りをすることで、家事のほとんどを母にやってもらってかなり楽をさせてもらっているので、そのことについてはとても感謝してる。
 
 
何が正解とかはなくて、後から「これでよかったね」とか、「こういう方法もあったね」とかが出てくるんだろうなとは思うのですが、とにかく今は「総合的に考えてこれが最善」と思うことを信じてやるしかない!という気持ちです。
 
きっとみんなそれぞれの最善を考えて、里帰りしたりしなかったり、立ち会いを希望したりしなかったりしているのでしょう。
 
 
ちなみにわたしは、もし自宅近くで出産するとしたら、夫の分娩室での立ち会いは希望しないけど分娩室の外で待っていて欲しい派です(´ε` )
 
理性を失っているであろう自分を夫に見られたくないから、というのが主な理由です…。
でも声とかは外にも聞こえるか。汗
 
 
ブログ村のランキングに参加しています。
よければぽちっとお願いします。
f:id:tubominote:20160527160123j:image
広告を非表示にする